C・S赤れんが
本文へジャンプ
赤れんが日記2018


5月17日(金)「施設見学」
今日は山口大学の生徒さん達が建造物の研究の為に施設見学に来られました。
クリエイティブ・スペース赤れんがとしては昨年開館25周年を迎えましたが、県立図書館の書庫として建てられたれんが造りの建物部分は今年で丁度100年となります。建造物としてもとても注目されている施設ということにとても驚いていました。芸術・文化の交流、発展の場としてでなく、歴史のある建物として注目してもらえると嬉しいですね。
 

4月29日(日)「一の坂川沿いのつつじ」
一の坂川沿いにはたくさんのつつじが咲いています。
丁度今が満開で、とっても綺麗です!ぜひご覧ください〜。




4月4日(水)「スティールパンコンサート」

4月1日に行われたスティールパンコンサート、無事終了しました。
当日は桜が満開、天気は快晴と素晴らしい日になりました。
チケットは完売し、多くのお客様にご来場いただきました。
スティールパンのゆったりとした素敵な音色の演奏有、体験コーナー有、面白トーク?有と50分のコンサートで内容盛り沢山でした。
演奏してくださったpan-juiceの皆さんありがとうございました!

 


3月24日(土)「開花宣言」

ここ数日の暖かさで、一ノ坂川沿いの

桜が開花し始めました。

満開まであと一週間というところでしょうか。

そして、来週4月1日(日)13時30分からは

スティールパンコンサートを開催します。

満開の桜といっしょにどうぞお楽しみください。

チケットは、お早めにお求めください。

また、今日から「桜めぐり、お茶めぐり」として

「東日本大震災募金」を300円以上してくださった方で

ご希望の方には、紅茶またはコーヒーのおもてなしをして
おります。どうぞそちらもご利用ください。


3月21日(水)「チェンバロリサイタル終了しました」
3月17日(土)に開催した北谷直樹チェンバロリサイタルはなんと100名の御来場をいただき、、ご好評のうちに終了いたしました。たくさんの御来場ありがとうございました。数日前にはほぼ完売状態となり、当日まで多くのお問い合わせをいただきましたが、残念ながらお断りをさせていただきました。おかげさまで、大変好評で感想アンケートもぜひまた聴きたいという声であふれていました。バロックバイオリンの杉田せつ子さんもとてもとても素晴らしかったです。
またぜひ北谷さんのチェンバロリサイタルを開催したいと思っています。今回ご来場いただけなかった方もどうぞお待ちしています。




3月14日(水)「桜の正体」
先日ここの日記で紹介した一の坂沿いの桜の種類が分かりました!なんと昨日TVで偶然にも取り上げられていたのです。
桜の名前は「カラミザクラ」(唐実桜)の一種だそうです。中国から伝来した桜で、さくらんぼと同じように食べられる実が成るとのことでした。長年の疑問が解決!
満開のカラミザクラ、ぜひみにおいでください。

3月10日(土)「咲きました」

今日は、空も晴れてあたたかな気持ちのいい日となりました。

一の坂川沿いの桜並木も日増しに芽がふくらんできました。

そんな中、なんと満開の桜が!!

毎年一番早く咲くのですが、たぶんソメイヨシノではないような…。

散歩がてらぜひ見においでください。

ただいま、「宇部工業高等専門学校美術部作品展」が

開催中です。

また、来週末には「北谷直樹チェンバロリサイタル」が

開催されます。大変好評ですので、チケットのお求めはお早めに。



2月22日(木)「カッティングシート」
赤れんがの入り口の自動ドアに、利用案内のカッティングシートを貼りました。
かわいいイラスト入りで少しおしゃれになったかな?



1月21日(日)「JIS25年賞」
この度赤れんがは、公益財団法人日本建築家協会のJIA25年建築選に選ばれました!この賞は「25年以上の長きにわたり、建築の存在価値を発揮し、美しく維持され、地域社会に貢献してきた建築」を登録・顕彰するというものです。
今後もこの賞に相応しい建物として、より一層輝けるよう活動していきたいと思います。



1月6日(土)「2018年」

新年あけましておめでとうございます。本日より2018年の赤れんがスタートとなります。今年も展示やコンサート等色々企画をしていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。
早速ですが3月17日土曜日に、赤れんがのチェンバロを使った『北谷直樹チェンバロコンサート』を行います。本日よりチケット発売となりますので、ぜひお買い求めください。