赤煉瓦建築100周年記念事業
  赤れんが100年
    ← 1918 キシカタユクスエ 2018 →

赤煉瓦建築100年をふりかえるパネル展
9月15日(土)〜24日(月・祝)9:00〜17:00 ロビー 入場無料
赤煉瓦建築の、今日に至る100年の変遷の写真や資料などをパネルにして展示します。


対談とミニコンサート
9月22日(土)13:30〜15:00 ホールII 入場無料
対談
:今井徹也氏(今井徹也設計事務所所長) × 荒瀬秀治氏(山口市阿東総合支所所長)
赤煉瓦建築100年の歴史を二人の対談でふりかえります。
ミニコンサート:坂井里衣・歌 山口サヤカ・ピアノ
ゆたかな歌唱にんせて赤れんがの100年を寿ぎます。

一時は取り壊しの運命にさらされていた赤煉瓦の建物。そのフォルムと醸し出す雰囲気に惚れ込んだ市民のネットワークで、
保存・再生の道が開かれ、26年前に新しい施設として蘇りました。
剛健さと、ぬくもりを併せ持った赤煉瓦建築が導いた奇跡は、今日、ピアノやチェンバロの音色を響かせ、市民の創造の拠点として
ゆたかな文化を育み続けています。
そんな赤煉瓦建築100年の節目に赤れんがの”来し方行く末”に想いを馳せます。


  
C・S赤れんが
本文へジャンプ

TOPページに戻る