プロが教えるワークショップVol.1
新村則人のデザインワークショップ
新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、開催を中止させていただくことになりました。
ご参加を予定していた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございません。
何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします。


今年のクリエイティブ・スペース赤れんがのワークショップは、プロのデザイナーを講師にお迎えして行います。
実際のお店のマークをデザインしたり、植物で文字を作ったり…身近でプロの技を見れるチャンスです。
本格的にデザインを学びたい人も、気軽にデザインに触れたい人も、どんどんご参加ください。

新村則人(しんむらのりと)
1960年山口県生まれ。漁師の家庭で、8人兄弟の8番目として育つ。小学生4年の時に赴任してきた伊藤哲之先生の授業で
ポスターの魅力にはまり、デザイナーを目指す。大阪デザイン学院卒業。主な仕事に資生堂、無印良品、東京オリンピック招致など。
主な受賞に、JAGDA新人賞、ニューヨークADC銀賞、ブルノ国際デザインビエンナーレ金賞、東京ADC賞など。
大阪芸術大学客員教授、瀬戸内デザイングランプリ審査委員長。


1_植物タイポをつくろう
タイポとは「文字」のことです。身近に咲いている花や葉っぱを使ってオリジナルの「漢字」や「アルファベット」を
作っていきます。最後に写真をとりますので、そのデータを使って色々なものに転写できます。

日時:2020年7月18日(土)13:00〜15:30
対象:小学生(25名)
会場:クリエイティブ・スペース赤れんがホールII
持ち物:鉛筆、ハサミ、ハンカチ
参加費:500円


2_パン屋さんのマークをつくろう
山口市内にある「おうちベーカリーstrawberry time」というパン屋さんのマークをつくります。当日出来上がったデザインの
中から講師が1つ選び、修正した後、実際に店頭や商品に使う計画(予定)です。

日時:2020年7月18日(土)18:00〜20:30
対象:中学生〜高校生(25名)
会場:クリエイティブ・スペース赤れんがホールII
持ち物:鉛筆、ノート、定規、絵の具、ハンカチ
参加費:500円


C・S赤れんが
本文へジャンプ

TOPページへ戻る

<申込方法>
メールまたはFAX、郵便で以下の内容を記載して送ってください。
〇氏名〇学校〇学年〇住所〇電話番号〇あればメールアドレス
FAX:083-928-6611
e-mail:renga-ya@c-able.ne.jp
※申込開始は6月16日(火)〜定員になり次第締め切り。